• 養老牛温泉 湯宿だいいち宿泊記 道東で大人気のふくろうと温泉の宿

    摩周湖や、中標津空港に近い養老牛温泉にある「湯宿だいいち」に宿泊してきました。泊まったのは、新館の和洋室の部屋です。部屋の様子やアメニティ、夕食、朝食など泊まって体験したことを写真とともに紹介します。

    「湯宿だいいち」は野生のふくろうが見れる宿としても知られている温泉宿です。北海道内の温泉宿の中でも上位に占めていてトリップアドバイザーの口コミでは4.5。人気の宿で、直前の予約はとりにくいです。クーポンなどはあまり見かけません。たまに宿が期間限定の割引プランを販売する程度です。早めの予約をするのがよいですが、部屋のタイプがいろいろあって、部屋によって、宿泊代金が変わってきます。おすすめは新館の部屋ですが、一番高い部屋になります。予約前に口コミを見てどの部屋がよいか検討することをおすすめします。

    1. 「湯宿だいいち」の口コミ
    2. アクセス
    3. チェックイン時のウエルカムドリンク
    4. 新館和洋室のようす
    5. 室内備品
    6. アメニティ
    7. 部屋からの眺望
    8. 温泉は館内に2か所
    9. 館内施設
    10. 自販機・売店
    11. 持ち込み可の夕食
    12. 朝食はブッフェスタイル

    「湯宿だいいち」の口コミ

    どの旅行サイトでも上記にランクインする人気の宿です。総合的に高評価ですが、特にどの項目で高評価を得ているのか、どの項目が低評価なのか、口コミサイトをまとめました。その口コミをもとに部屋などを決めて宿泊しました。
    詳しくはこちら:「湯宿だいいち」の口コミまとめ

    =アクセス=

    根室から野付半島まで観光したあと「湯宿だいいち」に宿泊しました。レンタカーでの移動です。野付半島のネイチャーセンターからからは約60キロ。中標津空港からは約30キロ。帰りは中標津空港から羽田まで飛行機なので立地はよかったです。バスでの移動となると、根室交通のバスの利用になるかと思いますが、宿では事前相談で空港または中標津バスセンターへの送迎もあるということです。宿の周辺には観光スポットで人気の開陽台や裏摩周展望台があります。


    詳しくはこちら:宿の場所・アクセス

    チェックイン時のウエルカムドリンク=

    チェックインは本館のロビーで行います。荷物は車から降ろしてロビーへ。玄関では靴を脱ぎスタッフに渡します。外出する時は靴を出してもらう仕組みになっています。玄関に入ると窓側にある囲炉裏のある席に通されチェックインの手続きを行います。


    詳しくはこちら:チェックインについて

    =新館和洋室のようす=

    宿泊したのは新館の3階の和洋室の部屋です。フロントから一番離れた部屋でチェックイン時はどこまで行くのか気が遠くなりましたが、部屋まで行ってしまえば静かで落ち着けるよい部屋でした。


    詳しくはこちら:新館和洋室のようす

    =室内備品=

    室内には大きなテレビやCDなどが聞けるコンポ、空の冷蔵庫、化粧台などなどあります。残念なのはインターネット接続がないことです。


    詳しくはこちら:室内備品のこと

    =アメニティ=

    アメニティもいろいろとありました。館内は玄関で靴を脱ぐため、基本的に裸足です。そのため足袋型の靴下がありました。パイル地のスリッパはありません。高ポイントなのはコーヒーカップとドリップコーヒーがあったこと。バンドエイドや爪切りなどもありました。


    詳しくはこちら:アメニティ詳細

    部屋からの眺望

    部屋からの眺望にこだわって3階にしました。窓側には小さなバルコニーがあって外に出ることもできましたが、そろそろ虫たちが活動する時期に差し掛かっているのか、蜘蛛の巣が凄くて外にはでませんでした。新館の部屋はどれも川側にあって、時期的に新緑が楽しめました。


    詳しくはこちら:部屋からの眺望

    温泉は館内に2か所

    温泉は館内に2カ所、本館と別館にあります。本館の温泉は、日帰りの立ち寄り湯も行っているため日中の利用客が半端でなく多かったです。平日でどこからこんな沢山の人が来ているのか不思議に思うほど、すごかったです。特にオープン時間は更衣室が一気にいっぱいになります。なので、昼間は別館にある宿泊者専用の温泉を利用しました。もしこの専用の温泉がなければ宿泊は考えなかったと思います。


    詳しくはこちら:温泉大浴場について

    =館内施設=

    館内は広くて本館は特に日帰り客でも利用できるレストランと温泉施設があり、別館は宿泊者用に、ラウンジやライブラリー、専用温泉施設があります。宿泊者専用のロビーがあるとのことですが、見当たりませんでした。


    詳しくはこちら:館内施設について

    =自販機・売店=

    自販機は館内に何カ所かあります。本館の大浴場の前、本館2階エレベーター前。残念なことに新館にはありませんでした。新館大浴室近くには製氷機があったのみ。2階のオーデオルームにはフリーで頂けるコーヒーなどがありましたが、使い捨てコップの補充がなかったり、冷たい飲み物がなく利用度が少なかったです。


    詳しくはこちら:自販機や売店について

    持ち込み可の夕食

    夕食はダイニングレストランで。17:30から30分刻みで希望時間のリクエストをチェックイン時にします。内容は和食創作料理で旬の食材がふんだんに使われています。特記すべきは”持ち込み可”ということです。追加料金などかかりません。ワインを持ち込んで、グラスを借りることができました。


    詳しくはこちら:夕食について

    朝食はブッフェスタイル

    朝食は夕食とは場所が違って本館の1階フロント近くのレストランになります。先着順で好きな席に座れます。入り口からは想像できませんが、奥には広めの和室やテーブル席があります。ビッフェ台からはかなり遠いいし、外の風景が見えにくいので人気は低いですが。2泊してどちらも7時のオープン時間から40分くらいが一番混んでいたと思います。ゆっくりしたい場合は8時以降がよいかもしれませんが、その場合は人気のお餅がなくなっているかもしれません。(チェックアウト時に大福餅をお土産に頂けます)


    詳しくはこちら:朝食について

    別館に2泊して正解で、期待通り、よいお宿でした。温泉も最高でした。特にスタッフのモチベーションが高く、気持ちよく滞在することができました。口コミ通りお勧めの宿です。

  • 【PR】
    最大1万円割引クーポン配布中
    JTBで国内宿泊で使える割引クーポン配布中です。
    【PR】
    じゃらんスペシャルウィーク!4月14日まで
    1万円クーポン配布中♪予約はお得な14日まで
  • 養老牛温泉 湯宿だいいちの関連記事

  • 旅行関連記事
    道東周辺の宿泊記
    道東周辺の旅行記

    【PR】じゃらんのお得なスペシャルウィークは4月14日まで

    【PR】羽田-札幌線が【いま得】で5,900円から。予約は早めがお得