• 新千歳空港周辺の観光に「えこりん村」へ庭園と牧場散策

    えこりん村は新千歳空港から札幌方面へ約20キロ行った所にあります。無料シャトルバスがJR恵庭駅から出ているので新千歳空港から電車でも行けます。庭園と、アルパカや羊がいる牧場、レストランやお土産などを扱う物産館など1日いても飽きない施設が揃ってます。

    1. えこりん村の地図-全体図
    2. 電車や車でアクセスのよい立地
    3. えこりん村のレストラン
    4. えこりん村の庭園-銀河庭園
    5. えこりん村の動物-みどりの牧場

    えこりん村の地図-全体図

    えこりん村の敷地はとても広く、園内は大きく西と東エリアに分かれてます。両エリア間は約300mほど。距離があるためエリア間は無料の循環バスが運行してます。自家用車の場合は車で移動した方が便利です。それぞれのエリアにある施設を紹介します。

    東エリア

    • ウェルカムセンター
      • インフォメーションコーナー
      • カフェ
      • 休憩スペース
      • トイレ
      • 充電コーナー
      • お土産コーナー
      • 電子レンジ
      • キッチンカー
      • びっくりドンキー
    • 「とまとの森」
    • 「花のまきば」・・・小ぶりな庭園で、ガーデン用品の販売がある。
    • イタリアンレストランの「らくだ軒 恵庭店」

    西エリア

    • 庭園のある「銀河庭園」
    • 動物がいる「みどりの牧場」
    • ブッフェレストラン「森のレストラン天満」

    西エリアの「銀河庭園」から西エリアの「ウェルカムセンター」までは約500mあります。徒歩で6,7分。えこりん村では「まずはウェルカムセンターのインフォメーションに立ち寄って」とすすめてます。

    えこりん村の歩き方

    全部周りたい場合は1日がかりになります。えこりん村の歩き方の一例を紹介します。かっこ内は想定所要時間。

    1. 銀河庭園(1時間半~3時間)
    2. ランチに「森のレストラン-天満-」(1時間)
    3. みどりの牧場(1時間前後)
    4. とまとの森(10分~30分)
    5. 花のまきば(30分~1時間)
    6. ウェルカムセンターで休憩
    7. ウェルカムセンターでお土産など買い物

    全行程で6,7時間です。体力のあるうちに庭園と牧場を巡るのがお勧め。また、ランチは時間をずらした方が空いているので、みどりの牧場の後にランチでもよいと思います。

    電車や車でアクセスのよい立地

    えこりん村は車でも電車でも行きやすい場所にあって、新千歳空港の周辺観光として人気があります。

    車でえこりん村へ

    新千歳空港や札幌からは高速道路を利用すると便利です。恵庭ICを下りてえこりん村のウェルカムセンターまでは約1キロほど。新千歳空港からの高速料金は510円。札幌は650円。(2019年8月時点・休日割の考慮がありません)駐車場は2か所あります。

    1. 東のウエルカムセンター側
    2. 西の庭園・牧場側

    最初にどちらに行くのか決めてから近くの駐車場を利用するとよいと思います。ウエルカムセンターと庭園・牧場は約500m離れているので車で移動するのが正解。

    電車でえこりん村へ

    電車の場合はJR恵庭駅(新千歳空港駅から5つ目の駅で乗車16分)から無料のシャトルバスが便利です。

    恵庭駅前の無料シャトルバス乗り場

    JR恵庭駅の西口をでて左側のバス停辺りに無料送迎バスが停車します。バスは時刻にならないと来ません。駅に面したところに屋根と椅子があります。恵庭駅は2015年くらいに改装してきれいになりました。無料シャトルバスの詳細は公式サイトでどうぞ:http://www.ecorinvillage.com

    上の写真は2014年に恵庭駅前から利用したバスです。26人くらは乗れそうです。

    恵庭高速バス停から

    新千歳方面から来た場合、ウェルカムセンター入り口まで約850m。一部ひと気のない、舗装されていない道を歩きますので、おすすめはしません。また、札幌方面から来た場合は道路の反対側に出なくてはいけないため約1キロほどになります。一度、新千歳空港に出てからJRで恵庭駅に行くのがよいのかもしれません。

    コインロッカー

    荷物がある場合は、ウェルカムセンターや庭園などの入り口で預かってもらえます。無料です。そのかわりコインロッカーはありません。

    えこりん村のレストラン

    えこりん村で食事のできるところはいくつかあります。しっかり食事したいときのレストランとちょっと休憩したいカフェ、人気のソフトクリームなど。ほとんど入園料なしで利用できます。銀河庭園内の軽食喫茶の「プティロズビィ」のみ、入場料が必要です。

    • ビッフェ「森のレストラン-天満-」(庭園近く)
    • ローズソフト(庭園入口手前)
    • まきばカフェ(みどりの牧場入口手前)ホットドック・ソフトクリームなど
    • 喫茶・軽食「プティロズビィ」(庭園内・入場料必要)
    • とまとの森カフェ(とまとの森前)
    • ウェルカムセンター内にびっくりドンキーやキッチンカーなど

    えこりん村の庭園-銀河庭園

    銀河庭園はえこりん村の中でも一番広い施設で、1周をざっくり測っても1.2キロあります。2019年6月末に行った時は約1時間半庭園内を見学しました。途中で疲れて全て見てまわれませんでしたが。休憩しながら全部見る場合は、3時間は余裕をもって予定を立てた方がよさそうです。
    下の写真は銀河庭園の入り口。あと2日後にバラ祭りという時に行きました。

    6月末に行った銀河庭園の体験記はこちら:6月末の銀河庭園

    えこりん村の動物-みどりの牧場

    えこりん村の「みどりの牧場」は銀河庭園の駐車場を挟んだ向かいにあり、庭園からは徒歩で行けます。その距離はだいたい130m。牧場の見学できる広さは庭園よりも小さいです。歩いてもせいぜい200mくらいです。庭園と比べると、動物たちのショーなどが楽しめるため、子供のいる家族連れが多いです。
    動物たちのショーは順番に行われているため一通り見ることができます。みどりの牧場ショーから見始めて、ファームツアーまで順序よく見れて、約1時間くらい。ショーの一覧がこちら(2019年夏現在)

    • みどりの牧場ショー(10分前後)
    • ひつじレース(約15分)
    • ファームツアー(2,30分)

    みどりの牧場の体験記はこちら:えこりん村のみどりの牧場
    ヤギやアルパカ、ポニーなどの展示もあります。下の写真は動物たちの展示と、ファームツアーの乗り物です。


    天気の良い日は1日家族で、デートに、一人でも楽しめるえこりん村でした。雨の場合はブッフェレストラン「森のレストラン天満」(入場料なし)の利用だけでもおすすめです。

  • 【PR】
    最大1万円割引クーポン配布中
    JTBで国内宿泊で使える割引クーポン配布中です。
    【PR】
    じゃらん秋SALE11月1日まで
    クーポン配布中