• 伊豆高原 手軽に行ける人気観光スポット

    東京駅から踊り子に乗って2時間。伊豆高原駅から車で10分ほどのところにある赤沢温泉ホテルに行ってきました。このホテルは海が見れる温泉だけでなく、スパ、フィットネス、ボーリング、テニス、プールなど娯楽施設が満載です。1泊だけではもったいないので今回は連泊して周辺の人気観光スポットにも足を延ばしてきました。

    1. 「踊り子」で伊豆高原駅へ
    2. 伊豆高原駅のようす
    3. 吊り橋を観光
    4. 赤沢温泉ホテル

    「踊り子」で伊豆高原駅へ

    伊豆高原駅へは東京駅から直通の「踊り子」に乗車。他には、熱海まで東海道本線か新幹線で、熱海から伊豆急行線という選択肢もあります。今回は踊り子の中でも一日に数本しかないスーパービュー踊り子で伊豆高原まで行ってきました。
    ※スーパービュー踊り子は2020年3月13日(金)に運行を終了しました。


    詳細はこちら:スーパービュー踊り子で伊豆高原へ

    伊豆高原駅のようす

    伊豆高原駅にはレストランやカフェ、ベーカリー、おみやげ物、観光案内などなどあります。今回は今まで行ったことのなかった2階にある伊豆急行の小博物館にも行ってきました。伊豆急行の歴史が詰まった資料館で、懐かしい切符販売機や数々のプレートなどが見れます。


    詳細はこちら:伊豆高原駅やまもプラザ

    吊り橋を観光

    ここら辺で吊り橋というと城ヶ崎海岸駅から徒歩で30分の「門脇つり橋」や、最近できた三島の吊り橋(「三島スカイウォーク」)が有名ですが、伊豆高原駅から徒歩で10分ほどで行ける吊り橋があります。正式名称は、「橋立つり橋」。天気がよければおすすめの観光スポットです。展望台近くまでは舗装された道ですが、つり橋まではダートになります。


    詳細はこちら:伊豆高原駅から橋立吊橋へ

    =赤沢温泉ホテル=

    赤沢温泉ホテルは以前にも日帰り利用で「日帰り館」には行ったことがありますが、宿泊ホテル内にも専用の温泉があるということで宿泊しました。また、このホテルは一日では使いこなせないほどのいろいろな施設があります。スパや、フィットネスジム、プール、ボウリング場などがあって、一部の施設は宿泊者は無料で利用できます。


    詳細はこちら:DHC赤沢温泉ホテル宿泊記

    もう少し交通の便がよくなったら・・・、と、思いますが、ホテルまで行ってしまえば快適な温泉滞在ができます。せっかくここまで来たのだから1泊では物足りないと感じます。ぜひ2泊以上の滞在をお勧めします。

  • 【PR】
    最大1万円割引クーポン配布中
    JTBで国内宿泊で使える割引クーポン配布中です。
    【PR】
    毎月20日から10日間10,000円クーポンを配布
    只今『クーポンフェス』開催中!