• 【食事】舞浜ユーラシアの朝食ブッフェ

    舞浜ユーラシアに宿泊して朝食を頂いてきました。朝食会場はフロント前にあるレストラン。和洋ブッフェスタイルで提供されます。訪れた時はコロナ禍だったため、ほとんどの料理が個包装されていて、手袋と消毒液が用意されてました。

    1. 舞浜ユーラシアの朝食会場と料金
    2. 朝食会場の座席・店内
    3. ブッフェ台の様子
    4. 朝食ブッフェの様子

    舞浜ユーラシアの朝食会場と料金

    舞浜ユーラシアの朝食会場は3階フロントの目の前にあります。朝だけオープンするレストランで、食事後に部屋に戻らず外出することができる便利な場所にあります。下の図が3階のフロアマップです。朝食会場が、レストラン「オアシス」。

    朝食料金は通常2千円ほど。前売りで割引販売されてます。この日は1731円でした。税込みです。ディズニーに行く場合は、パーク内に朝食メニューを出すレストランがないのでユーラシアでしっかり食べていくことをおすすめします。

    朝食会場の座席・店内

    下の写真が朝食会場のレストラン「オアシス」の店内の様子です。広いので全体の写真は撮れませんでしたが、下の写真は入り口付近から撮ったもので、店内の中央部分が写ってます。

    店内はファミレスのような雰囲気です。

    コロナ禍ではテーブル間の距離が気になりますが、中央部分のテーブル間は1m離れてません。できるだけ空いた時間に1つテーブルを空けて座れれば安心ですが混雑時はそうもいきません。そんな時は(コロナ禍のみの対応で)1回だけですが部屋に持ち帰りもできます。

    ブッフェ台の様子

    ブッフェ台は店内に1か所。温かい料理と、冷たい料理、サラダ、飲み物、デザートなどいくつかの台に分かれてます。下の写真は温かい料理とパンのブッフェ台。

    下の写真はドリンクコーナー。

    ブッフェ台は2段になっていて、手前の段にトレーを置くことができるので取りやすいです。

    朝食ブッフェの様子

    舞浜ユーラシアの朝食ブッフェは和洋。種類豊富です。コロナ禍のため個包装されてました。下の写真は冷たい料理のブッフェ台のサラダコーナー。

    ドレッシングや醤油、ケチャップも分包されているものが用意されてました。

    冷たい料理には、マグロの山かけや、イカの刺身、辛子明太子、うどんなど。

    朝食らしい、納豆や卵焼き、鮭、味付きのりもあります。

    子供向けメニューとして、ナポリタンスパゲッティ、唐揚げ、メンチカツ、ハンバーグなどがありました。

    デザートには、自家製プリンやフルーツなど。

    和洋いろいろありましたが、選んだのがこちら。

    食べ過ぎ?どれも美味しそうに見えてついつい・・

    〆のデザート。パンケーキとフレンチトースト、自家製プリン、ヨーグルト。

    朝はがっつり食べたいときにおすすめの朝食ブッフェでした。

  • 【PR】
    最大1万円割引クーポン配布中
    JTBで国内宿泊で使える割引クーポン配布中です。
    【PR】
    じゃらん冬セール・クーポンフェス開催中!
    最大20,000円分クーポン配布中
  • 舞浜ユーラシアの関連記事