• 【美術館】箱根ラリック美術館へ

    箱根ラリック美術館へ行ってきました。
    当初ガラスの森美術館でランチを予定していたのですが、折りたたみ傘が役に立たないくらいの豪雨のためホテルに一番近い「箱根ラリック美術館」のレストランに行くことにしました。カジュアルフレンチということで、期待はしていなかったのですが、ボリュームがあるし悪天候でも景色を楽しめました。

    下の写真はレストラン入口。美術館は奥の方にあり、レストランや売店は無料で利用できます。

    入口左側に化粧室。左奥には椅子が並んでいて、見ると特別展示「ル・トラン」とありました。

    覗いてみると、
    「オリエント急行」です。予約のみの受付ですが、この中で45分間のティータイムが過ごせます。平日&悪天候でしたが、2組の客が来ていました。

    レストランは予約を受け付けてなくて先着順です。食事の時間はとっくに過ぎていたため空いていて、奥の窓際席に通されました。

    中庭の奥の方に見えるのが、車の展示で、その奥に美術館があるようです。

    ここからも「ルトラン」が見えます。

    注文したのは、クラブハウスサンド

    すごーいボリューム!でも、かぶりつくのはちょっと・・(´ε`;)ウーン…

    フォークとナイフで切りながら頂きました。
    写真左奥には宿泊している東急ハーヴェスト箱根甲子園が見えました。目と鼻の先ですが、その距離でさえ傘を差して歩くのに躊躇するほどものすごい雨でした。

    庭にいた鳥。駒ヶ岳山頂にもいたかな?スズメではなさそうですが・・・

    最後にデザートをいただきました。

    甘さ控えめ。ごまのブランマンジェ

    なんとか雨は小降りになりホテルに向かうことになりました。
    翌日、庭だけでも散策したいと思い再訪。東急ハーヴェスト箱根甲子園の裏側の出口をでて、小さな橋を渡ったところに箱根ラリック美術館があります。出口から1分もかからないのではと思います。

    途中にあった和菓子屋さん。「花詩」

    箱根ラリック美術館。入り口。

    日が差すだけで印象が全く変わりますね。

    なかなか気持ちの良いところです。

    売店の隣のガラス張りの建物にはクラシックカーが。この美術館の展示物の制作者であるフランスの工芸家のルネラリックさんは、車のラジエーターグリルを飾るカーマスコットの作品も手掛けたとか。

    このクラシックカーの建物の横を行くと美術館があります。

    庭の方からレストランを見ると・・・

    緑の多い時期に再訪したいですね。
    尚、庭の散策とはいっても100mも歩かないと思います。
    さて、ここから箱根ガラスの森美術館に向かいますが、バス停は目の前にありません。通りを渡って160mほど行った仙石案内所前というバス停から乗車することになります。観光施設巡りバスは10時から夕方までは1時間に4本でているので使い勝手がよいです。

    仙石案内所まえにはカフェがありました。

    また、箱根湿生花園方面から箱根ラリック美術館に行くときは「仙石案内所前」の手前のバス停「大原」で下車したほうが若干近いです。

  • 【PR】
    最大1万円割引クーポン配布中
    JTBで国内宿泊で使える割引クーポン配布中です。
    【PR】
    じゃらん冬セール・クーポンフェス開催中!
    最大20,000円分クーポン配布中
  • 箱根観光の関連記事

  • 旅行関連記事
    箱根周辺の宿泊記
    箱根周辺の旅行記