旅行・宿泊体験をもとに旅に役立つお得な情報をお届けするブログです
積丹半島をぐるっと周り、泊村や積丹、余市までドライブしてきました。立ち寄った観光スポットや地元の旬がいただける食事処、宿泊したホテルなどを写真とともに紹介します。スタートはニセコで、ニセコパノラマラインを通って積丹半島に出ました。ニセコ観光については、こちらのページを御覧ください:ニセコ人気観光スポット巡り

全行程で約115キロ。見て食べて積丹半島を満喫しました。地図の距離はおおよそになります。
積丹半島一周マップ


泊村の観光名所「弁天島」

泊村の弁天島は海側に突き出た小さな島で、陸側から橋を渡って行くことができます。島の周辺にはちょっとした散策路があります。晴れた日で眺望がよさそうだったので立ち寄ってみました。
北海道泊村の日本海側にある弁天島
周囲には温泉や、海水浴場などもあり観光地となってます。


道の駅「オスコイ!かもえない」で休憩

岩内から神威岬まで約50キロですが、その中間地点ほどの所にあるのが道の駅「オスコイ!かもえない」です。「かもえない」は漢字で「神恵内」です。
北海道神恵内にある道の駅「オスコイ!かもえない」の入り口
ここから神威岬まであと20キロほどですが、途中トイレがあるのは16キロ先の駐車場です。できればこの道の駅で休憩を。ただ、レストランなどはないため食事は神威岬まで我慢。


神威岬を望むパーキングエリア

神威岬方面をドライブして途中にあるのが神威岬を望む「パーキングエリア」です。神威岬までは直線で5キロ。神威岬の全景を見るにはちょうどよいスポットです。おトイレもあります。
神威岬が5キロ先に見えるパーキングエリア
駐車場から見る神威岬は北側になります。日中は太陽が背になるため撮影もし易いです。


絶景・積丹ブルーの神威岬

晴れた日に是非訪れたい「神威岬」は、積丹で人気の観光スポットです。広い駐車場に、レストランや売店など休憩できる施設も充実しています。駐車場から岬の先端までは遊歩道(チャレンカの小道)が整備されていて約1キロ。片道30分ほどかかります。
晴れた日の積丹半島・神威岬
遊歩道は途中まで舗装されていて歩きやすいですが、先端に行くにつれて砂利道があったり細くなったり、階段もあり、体力がないと30分ではたどり着かないかもしれません。今回は先端まで写真やビデオを撮りながらゆっくり散策して「女人禁制の門」(上の写真の⑥)から往復で1時間ちょうどかかりました。


積丹の夏は「バフンウニ」の赤うに丼でランチを

毎年6月から8月頃がウニ漁の時期で、この時期でしか食べることができないウニをランチで頂きました。
積丹の「浜寿司」で食べた赤うに(バフンウニ)丼
積丹町の「浜寿し」の赤うに丼5000円です。赤うにとはバフンウニのことで、白うにがムラサキウニです。積丹では、次の漁業が盛んです:

  • スルメイカ(6月~12月)
  • ウニ類(6月~8月)
  • ホッコクアカエビ
  • ホッケ(通年)
  • あわび(10月~12月)

その他には、ソイ類、スケトウダラ、コウナゴ、ミズダコ、サケ・マス、マダラ、ヤリイカなどがあります。また、マグロも水揚げされるそうです。


絶景の島武意海岸

積丹半島の絶景観光スポットの一つが「島武意海岸」。積丹ブルーはもちろん、絶景が楽しめます。遊歩道が整備されていて、駐車場やレストランが近くにあり、観光しやすいのが人気の秘密です。
積丹半島の絶景岬「島武意海岸」入り口のトンネル
島武意海岸は、徒歩でトンネルをくぐった所にあります。トンネルをでると展望台があって、展望台横の長い階段を下っていくと海岸にでることができます。今回は、展望台を訪れた後、近くの灯台まで散策しました。


夕景のシリパ岬

そろそろ日が落ちる時間になったため、余市へと移動。行った先は、余市湾に位置するモイレ岬です。余市のダイヤモンドヘッドと知られる「シリパ岬」に落ちる夕陽が見れるかもしれないと立ち寄りました。余市は積丹半島の東側のため夕日は山の方に沈んでいくのが多く見られます。
余市のダイヤモンドヘッド、シリパ岬の夕景


余市のロコに人気の回転ずし「余市番屋」

時間は既に夜7時近く。余市駅近くの海鮮問屋「柿崎商店」で食事をしたかったのですがほとんどのメニューが売り切れ。そこで訪れたのが回転ずしの「余市番屋」です。
余市の回転ずし「余市番屋」の魚介醤油ラーメン
ここでしか食べれない、余市産の南蛮えびなど地元ネタが安く頂けます。お寿司も美味しかったですが、魚介醤油ラーメンは絶品でした。


余市の人気お城ホテル「エーヴランドホテル」に宿泊

余市の宿泊施設は民宿やゲストハウスなどを入れると全部で10軒前後です。その中で人気のあるホテルがお城風の「エーヴランドホテル」です。余市市街からは10キロ程。ゴルフコースを併設した広いホテルです。
余市の「エーヴランドホテル」外観
上の写真はホテルフロントに近い入り口付近。建物は5階建てで、客室は1室を除いて全て4階にあります。
ホテルに到着したのは夜9時近く。ホテル内の大浴場に入って早々に休みました。

島武意海岸から余市の間には「黄金岬」や「水中観光船」、「ローソク岩」「えびす岩と大黒岩」など観光スポットがありますが、今回は時間的に立ち寄れませんでした。また機会を作って訪れたいと思います。

積丹周辺の旅行記

今大注目の商品