• 富士山五合目 行く前にチェックしたい 服装・トイレ・ビューポイント

    10月の終わりに富士山五合目まで行ってきました。天気の良い日で東京では長袖1枚でちょうどよい気温でしたが、五合目はとんでもない!行ってみて感じた、富士山五合目に行く前にチェックしておきたいトイレ事情や服装、観光にお勧めのポイントなどを紹介します。
    ※この記事は富士スバルライン終点の富士山五合目の記事です。

    1. 富士山五合目の気温と服装
    2. 富士山五合目の観光
    3. 富士山五合目おすすめ眺望スポット
    4. 富士山五合目の売店・レストラン・トイレ
    5. 富士山五合目から見る富士山山頂

    富士山五合目の気温と服装

    10月末のこの日の東京都心の最高気温22度、最低気温17度。北西の風2.3m/s。快晴の天気で、日中は長袖1枚で過ごしやすい気候でした。ところが富士山五合目の標高は約2000m。日陰には雪があり、ほとんどの観光客はダウンを着てました。体感温度で5度あるかないか。気象庁の観測では山頂の最高気温は-6.4度でした。富士山の登山シーズンは8月末から9月中旬には終了し、富士山は冬に突入します。山麓との気温差があるので、9月以降は温かいダウンジャケットやホッカイロ、マフラーや手袋があるとよいと思います。

    富士山五合目の観光

    「富士山五合目のみどころ」は展望広場から見る本栖湖などの湖や遠くに見える南アルプス連峰、富士山山頂、小御嶽神社、おもしろい見方としては”影富士”(富士山の影)など。この日は見晴らしがよく、遠くに湘南が見えました。五合目には乗馬もあって、写真を撮ったり展望スポットまでの引馬もあります。この馬たちは夏山シーズンには救急隊と一緒にケガや病人の移送などで活躍します。おとなしくて従順な馬たちで、子供にも人気でした。それ以外では五合目ではありませんが、麓にある「富士山世界遺産センター」もおすすめです。

    富士山五合目おすすめ眺望スポット

    駐車場付近にある展望台は人が多くて写真を撮るのも一苦労ですが、そんな煩わしさもなく眺望を楽しめるのが、「富士山 御中道」です。遊歩道のようになっていて歩きやすい約3キロの道です。富士山のビューポイントが4か所あります。今回は途中の1.5キロポイント辺りで引き返してきましたが、途中誰にもすれ違うことなく、富士山山頂や麓に広がる湖や樹海の眺望を楽しみました。

    ※富士スバルラインの終点にある入口から1.5キロポイントまでは一部砂利道程度で傾斜もなく、歩きやすい靴で十分でした。2キロ先にある御庭エリアのBルート、Cルートの道は高低差があり、それなりの装備が必要です。

    「御庭エリア」というのは庭園のような風景からきている名前だとか。いつか行ってみたいと思います。

    富士山五合目の売店・レストラン・トイレ

    それにしても富士山五合目の観光客の多さにはびっくりです。ほとんど海外からきているようで、乗用車よりも観光バスの方が圧倒的に多く、どこに行っても人人人。箱根の大涌谷のようなイメージです。あまりの人の多さで建物内には入らず、神社にも行きませんでした。無料のトイレも長蛇の列。女性用は16基あるということですがこの日は3分の2は閉鎖されていて、より一層混んでいました。

    もし急を要するようでしたらお勧めなのが空いていてすぐに使える有料トイレが「雲上閣」にあります。「雲上閣」には宿泊施設やレストラン、売店があります。この日は小腹も空いたのでこちらで軽食を頂くことにしました。

    富士山五合目から見る富士山山頂

    富士スバルライン五合目駐車場付近から見る富士山山頂

    御中道からみる富士山山頂

    富士山五合目の「山梨県営五合目総合管理センター」の開館は例年5月1日~10月31日です。それ以外は冬季となります。夏でも防寒の用意があると安心です。

  • 【PR】
    最大1万円割引クーポン配布中
    JTBで国内宿泊で使える割引クーポン配布中です。
    【PR】
    じゃらん秋SALE11月1日まで
    クーポン配布中