• 伊東観光 大室山の山頂にある売店やトイレなど

    伊東や伊豆高原から近い観光スポット、「大室山」へ行ってきました。リフトに乗って山頂まで行った時の山頂の様子を写真を交えて紹介します。
    リフトに乗って5分ほどで大室山山頂に到着します。降りたところには売店と、だんご本舗があります。下の写真で、左がリフト下車、正面が売店、右側にだんご本舗です。

    売店ではアーチェリーの受付やソフトクリーム、お土産、飲み物などを扱ってます。

    大室山だんご本舗では、4,5種類ほどのお団子が販売されていて人が絶えず並んでました。

    大室山だんご本舗の隣が屋根付きの長椅子があって休憩ができるようになってます。下の写真はリフトとは逆の方から観た「だんご本舗」とその隣にある休憩所です。

    トイレはリフトを降りて左に30mほど行った所にあります。

    リフトを降りて右手の方に行くと記念撮影ができる「大室山」の標識があります。晴れていれば向こうに富士山が見えます。

    山頂の遊歩道は1周約1キロあります。リフトを降りて右に行っても左に行っても同じですが、この日は左に向かう人の方が多かったです。

    遊歩道は全て舗装されてます。下の写真のような階段が一か所と、あまり段差のない階段が1か所(後述)ありますが、近くにはスロープがあります。

    ゆるやかな傾斜があって頂上まではしばらく登道が続きます。

    途中に「八ヶ岳地蔵尊」というお地蔵さんが8体。地元の漁師によって再建されたと書かれてます。

    頂上はこの先にあってもうしばらく緩い登り道になってます。

    到着!ここが大室山の頂上です。三等三角点によれば北緯34度53分59秒224、東経139度05分52秒094、標高579.64m。設置されたのが明治17年(1884年)とのこと。歴史があるんですね。

    東西南北に土地の歴史などが説明された案内などもあり勉強になります。下の写真は南方向の説明。

    頂上を過ぎると緩やかな下り坂が続きます。

    傾斜のある所は階段になってます(このような階段はここだけ)。手すりもあります。

    さらに下っていくと5体のお地蔵様。「五智如来地蔵尊(ごちにょらいじぞうそん)」安産の神様と知られているそうです。

    始点のリフト乗場が見えてきました。

    浅間神社は遊歩道沿いにはありません。おトイレの横の道を下って行った所にあります。神社への道は一部階段になっていてスロープがありません。浅間神社は安産と縁結びの神様で1654年に建設されました。

    浅間神社からさらに下に降りていったところにアーチェリー場があります。

  • 【PR】
    最大1万円割引クーポン配布中
    JTBで国内宿泊で使える割引クーポン配布中です。
    【PR】
    じゃらん冬セール・クーポンフェス開催中!
    最大20,000円分クーポン配布中
  • 旅行関連記事
    熱海周辺の宿泊記
    熱海周辺の旅行記