• 【部屋】ニッコーフロアのスーペリアツイン

    グランドニッコー東京ベイ舞浜のクラブフロアにあるスーペリアツインの部屋に宿泊してきました。部屋の様子を詳しく紹介します。クラブフロアはニッコーフロアと呼ばれていて、11階と12階に位置します。

    1. ニッコーフロアの様子
    2. スーペリアツインの部屋
    3. ニッコーフロアのアメニティ
    4. 部屋からの眺望
    5. 安く予約するには

    ニッコーフロアの様子

    今回予約したのはニッコーフロアのスーペリアツインの部屋。2021年春に改装されたばかりの部屋です。ニッコーフロアは11階と12階にあって、予約時に12階をリクエストしてましたがあいにく調整ができず11階になってしまったと告げられました。下の写真は11階のニッコーフロアの様子。廊下の絨毯や部屋のドアも改装したようでした。

    11階のフロアマップでいうと、下の写真の左側、赤い星マークの所が今回泊まった部屋になります。緑色の部屋がベイサイドで海側眺望、ピンク色がランドサイドです。このホテルの上級クラスの部屋は海側に位置します。ランドサイドは遠くにランドのお城の上の方が見える程度で、実際見えるのは駐車場やモノレールなど。眺望的には海側がおすすめです。

    フロアマップからも分かるようにスーペリアの部屋はスタンダードタイプと部屋のサイズは同じようです。ただ、ニッコーフロアのスーペリアツインのバストイレは独立タイプ。レギュラーフロアのスーペリアツインはユニットタイプです。

    スーペリアツインの部屋

    下の写真はニッコーフロアにあるスーペリアツインの部屋にはいったところ。右手にクローゼット、左にバストイレがあります。改装したてだったので新しい香りがしてました。部屋の鍵はカード式です。電源が入るポケットはありません。

    バスとトイレが独立していて使い勝手がよくなりました。なによりも、改装した手なのでどこもピカピカ。

    清潔感があります。

    クローゼットは広くて二人には十分。下のクローゼットの写真の簡易スリッパの左隣に見えるのはシュードライヤーです。靴を乾かすための機械。尚、ニッコーフロアのスリッパはスタンダードフロアと違ってフカフカです。

    クローゼットの右側にはチェストと、チェストの上にバスローブがありました。バスローブはニッコーフロアだけ。チェストの下段には金庫。金庫は暗証番号式です。チェストの1段目にはランドリーバックが入ってました。

    下の写真はベッドまわり。枕元には充電のできるコンセントやライト、電気のスイッチがコンパクトにまとめられています。

    ベッドの反対側の壁側にはデスクやテレビ、お茶セット、冷蔵庫が機能的にまとめられてました。

    冷蔵庫の中は空で何も入ってません。とても小さいですが冷凍庫もついてます。保冷剤を入れたところ朝には凍ってました。小ぶりな冷蔵庫ですがパワーと機能は備わってます。

    窓側にはカフェテーブルと椅子がありました。

    そのテーブル上にはホテルからのプレゼントが。

    中身は3種類のチョコレートでした。ニッコーラウンジのカフェタイムにも提供されてます。

    ニッコーフロアのアメニティ

    ニッコーフロアはクラブフロアのため部屋のアメニティはレギュラーフロアよりも豪華です。クローゼット内のフカフカスリッパやバスローブの他にもいろいろあります。下の写真は洗面台まわりにあるアメニティ。

    きれいに箱に入ってます。尚、グランドニッコー東京ベイ舞浜に一人で宿泊する場合、シングルの部屋はなくツインの部屋に泊まることになりますが、一人で泊っても二人分のアメニティが用意されてます。シャンプー類はスタンダードフロアと違って「ピジョンホームプロダクツのボタニカルシャンプー・コンディショナー・ボディソープが用意されてます。(下の写真の左側。2セットずつあります。)ハーブのいい香りがします。1つ25ml入っているので2,3回分あります。

    基礎化粧品セットもスタンダードフロアと違って「ミキモトコスメティック」。

    デスク横にはコーヒーマシーンや無料のミネラルウォーターが。コーヒーマシーンはニッコーフロアだけのサービスです。UCCのマイルドロースト、カフェインレスコーヒーなど。すべて無料です。

    グラスやコップは3種類。煎茶とほうじ茶のティーバックもあります。

    部屋着はスタンダードフロアと同じです。コットン100%のホテルこだわりの上下別のパジャマ。

    部屋からの眺望

    ニッコーフロアのスーペリアツインは全部で48部屋。眺望は東京ベイかディズニーランド側どちらかになります。ランド側が35部屋、東京ベイ側は14部屋です。今回は東京ベイ側の部屋でした。

    正面を見ると真向かいのヒルトンが見えます。

    東京ベイはヒルトンの右方向。羽田空港が遠くに見えます。

    下の方を見るとプールが見えました。。

    安く予約するには

    ニッコーフロアのスーペリアツインは二人で宿泊すると一人38,700円。一人で宿泊の場合は74,700円です。今回はじゃらんで朝食ブッフェが無料でついてくるプランを予約しました。一人で宿泊して23,000円。さらにじゃらんの5,000円割引クーポンを使って18,000円でした。通常料金の約76%割引。

    じゃらんは、他の旅行予約サイトにはない高額宿泊割引ができるクーポンを定期的に配布してます。今回使ったクーポンは「じゃらんクーポンフェス」で配布された17,000円以上の宿泊料金で5,000円割引になるクーポンです。他にも65,000円以上の宿泊料金に使える20,000円割引クーポンなどいろいろな種類が配布されました。

    安く予約するには「じゃらんでクーポンを取得して予約すること」です。予約のポイントは

    • クーポンは配布開始時間に取得。ほとんどのクーポンは10時頃配布。
    • クーポン取得と同時に予約。(あらかじめ予約するプランを他の画面で用意しておくこと)
    • クーポンには利用条件があります。(使える宿・期間・宿泊料金・人数)
    • じゃらんで配布されるクーポンは様々は種類と、配布のタイミングがあります。予約する前にクーポンの配布がないか確認しましょう。一部のクーポンですが、じゃらんのメルマガに登録しておくとクーポンの配布日時を教えてくれます。

  • 【PR】
    最大1万円割引クーポン配布中
    JTBで国内宿泊で使える割引クーポン配布中です。
    【PR】
    じゃらん冬セール・クーポンフェス開催中!
    最大20,000円分クーポン配布中
  • グランドニッコー東京ベイ舞浜の関連記事