• 盛岡旅行~繋(つなぎ)温泉とホタル観賞を楽しむ旅~

    7月の限られた期間でしか見ることのできないホタルを見に、盛岡市にある「尾入野湿生植物園」へ行ってきました。ホタル観賞はもちろん夜ですが、昼間の「尾入野湿生植物園」の様子と周辺の観光スポットである、「御所湖」にも行ってきました。また、盛岡は初めてなので、盛岡グルメも堪能してきました。

    1. 東京から盛岡へ~東北新幹線はやぶさ
    2. 盛岡駅のようす
    3. 宿泊:ホテル紫苑
    4. 宿泊:「ホテル紫苑」の温泉
    5. 宿泊:「ホテル紫苑」の夕食
    6. 観光:石割桜(いしわりざくら)
    7. 観光:青銅擬宝珠(せいどうぎぼし)
    8. 観光:沈床庭園
    9. 観光:シオンの像
    10. 観光:御所湖
    11. 観光:つなぎ温泉観光協会
    12. 観光:尾入野湿生植物園
    13. 観光:ホタル観賞会
    14. グルメ:ジャンボ焼き鳥
    15. グルメ:じゃじゃ麺
    16. 駅弁:「おいしい西京弁当」

    東京から盛岡へのアクセス =東北新幹線はやぶさ=

    東京から盛岡へのアクセスは「はやぶさ」、「はやて」、「やまびこ」などの東北新幹線を利用しました。東北新幹線は大きく2つあって、一つは「はやぶさ」などで停車駅が少なく所要時間約2時間と、一番早く目的地につく新幹線と、「はやて」などの停車駅が多く、「はやぶさ」よりもさらに約1時間かかる新幹線です。指定席だと約500円の差が、自由席だと約1200円の差があります。今回は、一番早い「はやぶさ」のグリーン車に乗車しました。

    盛岡駅

    盛岡駅構内の様子です。お昼前後に駅に到着したときに写真を撮りました。新幹線専用の改札口は一か所あって、写真は新幹線専用の駅構内の売店です。新幹線の改札外にもおみやげ屋や、お弁当の販売店などがあります。

    盛岡市の宿泊 =ホテル紫苑=

    宿泊は盛岡駅から車で40分ほど走行したところにあるつなぎ温泉内の「ホテル紫苑」です。ホタルの見れる「尾入野湿生植物園」から徒歩圏内にありますが、申し込むと送迎をしてくれます。参加費は無料です。旅行予約サイトの口コミ評価では、盛岡市内で1,2位にランクインする人気の宿です。

    つなぎ温泉 =ホテル紫苑の温泉=

    「ホテル紫苑」の温泉、「南部曲り家の湯」。このホテルには2か所に温泉大浴場があって、一つは御所湖を見ながら入れる「ひとりじめの湯」で、内風呂と露天があります。もう一つは「南部曲り家の湯」で、最近できたばかりのきれいです。内風呂と露天がありますが、「ひとりじめの湯」との大きな違いは”源泉かけ流し”ということです。

    ホテル紫苑の食事

    「ホテル紫苑」の夕食は、部屋食でした。基本的には部屋食で、人数に応じて部屋食以外に宴会場の用意があるそうです。多くの旅館で夕食にバイキングを実施している中、貴重な存在だと思います。ボリュームも味も満足でしかも料金はかなり抑えた設定になっていると感じました。

    盛岡観光スポット =石割桜(いしわりざくら)=

    盛岡地方裁判所構内にある,珍しい桜の木です。巨大な花崗岩の岩の割れ目から成長し、高さは約9メートルで、樹齢360年といわれています。春になると満開の花を咲かせるエドヒガンザクラという桜の木で、国の天然記念物に指定されています。満開は4月中旬。盛岡駅から徒歩で20分か、バスも近くまで運行しています。

    盛岡観光スポット =青銅擬宝珠(せいどうぎぼし)=

    盛岡駅から車で10分程行った、中津川にかかる「上の橋」に国指定の重要文化財があります。どれが重要文化財か分かりますか?それは、欄干の『青銅擬宝珠(せいどうぎぼし)』です。400年近い歴史のあるものですが、昭和20年に指定されたことで、戦時中の軍への金属供出をまぬがれ、現在も見ることができる貴重なものです。

    盛岡観光スポット =沈床庭園=

    盛岡競馬場に隣接する沈床庭園。花の咲く時期に訪れたい場所です。この日はあいにくの天候でしたが、晴れた日には、岩手山などが望めるそうです。庭園の隣には遊具のある公園があって、多くの子供たちが遊んでいました。

    盛岡観光スポット =シオンの像=

    シオンの像。御所湖に架かるつなぎ大橋のたもと、つなぎ緑地に設置されています。御所湖の完成を記念して建てられたそうです。シオンとは、シオン菊という植物の名前だとか。ここから御所湖とつなぎ大橋が一望できます。

    盛岡観光スポット =御所湖=

    写真にあるように、御所湖はダム湖で、ダム湖百選の一つです。湖を含めた辺り一帯を御所湖広域公園と呼び、いろいろな観光スポットが点在しています。湖の周りはサイクリングできるように整備されていて、訪れたこの日も公園の整備工事が一部行われていました。これからさらに開発がすすみ、楽しみな観光スポットです。特に、周辺の施設ではおトイレの貸出など、観光客の受け入れ態勢を連携して作っているので観光のし易さもあります。

    盛岡観光スポット =つなぎ温泉観光協会=

    つなぎ温泉観光協会の入口です。つなぎ大橋のたもと近くにあります。観光案内のほかに、レンタサイクル、食事の提供、地元特産物の販売など、観光客向けに幅広いサービスを提供してます。

    盛岡観光スポット =尾入野湿生植物園=

    「尾入野湿生植物園」はつなぎ温泉からつなぎ大橋を渡ったところにあります。年間をとおして様々な植物や昆虫を観賞することができます。訪れた7月にはきれいなスイレンが見ることができました。7月は夜になると、ホタルの観賞ができます。

    アクティビティ =ホタル観賞=

    この旅のメインイベントともいうべき、「ホタル観賞会」へ、参加してきました。この「ホタル観賞会」はつなぎ温泉観光協会が主催していて7月の短い期間のみ催されています。料金は無料で約1時間観賞できます。

    盛岡グルメ =ジャンボ焼き鳥=

    盛岡競馬場に来た目的は、競馬場内にある「屋台村」で販売している『ジャンボ焼き鳥』を頂くことです。食べる前は”大きな鶏肉を焼いただけ”だと思っていましたが、食べてみて、人気の訳がよく分かりました。

    盛岡グルメ =じゃじゃ麺=

    盛岡の三大麺といえば、じゃじゃ麺、わんこそば、冷麺。ということで、じゃじゃ麺を頂きました。どのお店のじゃじゃ麺も見た目は同じに見えますが、小麦の調合の割合など、それぞれ各店舗では試行錯誤して作られているそうです。そのため、麺のコシや太さなど微妙に違うということで、自分にあるお好みの麺を見つけることができるかもしれませんね。

    駅弁 =東京駅=

    「おいしい西京弁当」旅のお供に駅弁を東京駅で購入しました。最近、東京駅の改札内の地下にできたGRANSTA(グランスタ)の「てとて」というお店で販売してます。このお弁当はこのお店で人気NO1だそうです。

  • 【PR】
    最大1万円割引クーポン配布中
    JTBで国内宿泊で使える割引クーポン配布中です。
    【PR】
    じゃらん初夏セール&クーポンフェス開催
    最大20,000円のクーポン配布中