旅行・宿泊体験をもとに旅に役立つお得な情報をお届けするブログです
2019年にオープンした熱海の日帰り温泉「Fuuaフーア」に行ってきました。フーアは、日帰り温泉施設のため宿泊スペースはありません。宿泊したい場合は、同じ建物内にある熱海後楽園ホテルに宿泊することになります。(宿泊しても利用料がかかります)フーアに持っていった方がいいなという物や、事前に知っておきたい事などがあったので、体験レポと一緒に写真を交えて紹介します。


熱海駅からFuua(フーア)へ・バスは?

Fuua(フーア)は熱海後楽園ホテルに隣接しています。熱海駅からは無料の送迎バスが運行してます。9時半から30分置き。午後1時半以降から夕方くらいまではホテルの宿泊客が乗車してくるので、できれば午前中に乗車するのがおすすめです。帰りのバスの最終は熱海後楽園ホテル(Fuua)発が22時です。
熱海駅前から発着している熱海後楽園の無料送迎バス
バスは熱海サンビーチの前を通って約10分ほどで熱海後楽園ホテルの玄関前に着きます。
熱海後楽園ホテルと送迎バス
宿泊の場合は、上の写真の左側に見えるタワー館の1階から入ってチェックインの手続きをしますが、Fuua(フーア)利用の場合は上の写真で、右奥の方にFuua(フーア)に続く道があるのでそちらを行きます。
尚、Fuuaを利用してその後宿泊の場合は、まず先にチェックインの手続きをします。午前中でも可能です。大きな荷物があればフロントで預かってくれます。また、部屋に入れるのは宿泊プランに記載の時間になります。
下の写真は夜撮影したものですが、バスを降りてFuuaへと続く道の様子です。残念なことにバスを降りてFuua入り口までは屋根がありません。
Fuuaまで続く道


手荷物や貴重品など・ロッカーは?

更衣室のロッカーは幅が25センチ前後の細身のロッカーです。高さは70センチ位。(目分量ですが)そのため、荷物はFuua館内で使うものだけを持っていき、その他はロッカーに入れるのがおすすめですが、有料になります。
ロッカーは2か所にあります。

  • 一つはバスを降りてFuuaへ続く道の手前右側
  • もう一つはFuuaの建物の1階

持ち運ぶのが面倒な荷物は、バスを降りてすぐ近くにあるロッカーへ。(下の写真)
送迎バスを降りて近くにあるコインロッカー
大きいロッカーが200円で、奥の小さめのロッカーが100円です。このロッカーの前には飲み物の自販機があります。(下の写真)飲み物は電子マネーでの支払いもできます。ポカリスエット150円など。
送迎バスを降りて近くにある飲み物の自販機
尚、小銭がない場合はこちらのロッカーではなく、Fuuaのある建物の1階に両替機があります。1000円か500円の両替のため、それ以外は受付まで行けば対応してもらえます。
Fuuaの1階のコインロッカーがこちら(下の写真)
Fuua1階のコインロッカー


入館と受付・再入場できる?

Fuuaの入場受付は2階にありますので、エスカレーターかエレベーターで2階に向います。(下の写真)
Fuua1階から2階へのエスカレーター
2階に上がると「IZU-ICHI」というマーケットがあります。一部の店は早めに閉まってしまうので買いたいものがあれば、Fuuaに入館する前に。
というのも、Fuuaは一度退館すると再入場できません。熱海後楽園ホテルに宿泊していても、していなくても例外はなく、一度退館すれば無効になります。
下の写真はFuuaの入り口。右奥に上がってきたエスカレーターがあります。入り口は壁画の右側。
Fuuaの入館入り口
入口に入館についてのお知らせがありますが、3歳以下は入館不可です。4歳から18歳未満は保護者同伴。露天風呂利用に身長制限あり。(135センチ未満)など、いろいろあります。Fuuaに来る前に最新の情報の確認を。
まずは靴を靴専用のロッカーに入れます。ロッカーのカギは最後まで自分で管理します。
Fuuaの靴用のロッカー
靴のロッカーの前が入口です。(下の写真)
Fuuaの入口カウンター
カウンターで入館手続きをしてロッカーのカギ(リストバンド)を受け取ります。次に、そのお隣のカウンターで館内着などを受け取ります。

館内着やタオルの追加料金

下の写真と一覧は入館時に手渡されたもの。カッコ内は追加で借りた場合の料金です。
Fuuaの入館時に手渡されたバック。館内着やバスタオルなどが入っている

  • 館内着[ワンピースタイプか上下別どちらか](300円)
  • バスタオル1枚(100円)
  • フェイスタオル1枚(50円)
  • 岩盤浴用バスタオル1枚(200円)
  • メッシュの袋

貴重品

入館手続きを済ませた後、館内着などを受取りロッカールームへと向かいますが、その前に貴重品を預けたいときは、受付前にある貴重品ロッカーに預けます。
Fuuaの貴重品用のロッカー
更衣室のロッカーは鍵が掛かりますが、それでも不安という場合は、こちらへ。このロッカーは受付でもらったロッカーキー(リストバンド)がないと使えません。


忘れ物はない?持っていきたいもの

Fuuaに行って「持ってくればよかった・・・」と思ったものと、Fuuaで販売されていたものを一覧にしました。

  • 髪留め用のゴム250円:持ってきていない人はタオルやロッカーキーで髪の毛をまとめてました。
  • シャワーキャップ600円:(恐らく)しっかりしたつくりのものが販売されてます。
  • くつ下500円:館内は裸足です。
  • 体を洗うボディタオル300円:フェイスタオルの追加レンタルは1枚50円です。
  • マスク400円
  • 歯ブラシセット100円
  • ショーツ700円
  • ブラ1500円
  • コンタクト洗浄液300円
  • 生理用品300円

岩盤浴を利用する際、汗を拭くタオルは自前を持参した方がよいです。

洗面台のアメニティ

女性用のパウダールームは大きく2つあって同時に20人くらいは使えそうな広さです。以下、パウダールームのアメニティ一覧です:※2020年9月現在、コロナウイルスの影響で無料で提供されていたスケルトンブラシが中止されています。使いたい場合は有料で1つ165円。自販機販売されてます。

  • クレンジング(POLAカラハリ)
  • 化粧水・乳液(POLAアロマエッセゴールド)
  • ボディミルク(POLAデタイユ)
  • ヘアトリートメントウォーター
  • 綿棒・コットン・ティッシュ・ドライヤー

浴室のシャンプー類は2種あってkracieのヒーテナジーとPOLAデタイユ。


岩盤浴は無料・でも着替えは?

岩盤浴は2種あっていつでも自由に利用できます。ただし、岩盤浴用の作務衣などはありません。館内着で利用します。そのため、館内着は追加で300円でレンタルできるようになってます。また、下着も販売しています。
2種ある岩盤浴のうち、1つには女性用のエリアがあります(メレッサ)。下の水槽のある写真は岩盤浴の部屋の廊下側です。岩盤浴を出たところに長椅子があって、休憩出来ます。付近には飲み物の自販機もあります。
Fuuaの岩盤浴
飲み物はいろはすが130円、アクエリアスが160円。


ロウリュの利用は予約制で有料(無料デイあり)

ロウリュを利用する場合、予約制で有料になります。1回500円です。利用料の他に、館内着とミネラルウォーター1本が付きます。館内着とミネラルウォーターで約400円なのでほぼ無料に近い料金。予約は、館内着に着替えてから、3階のインフォメーションで行います。

ロウリュの所要時間など

ロウリュの所要時間は全行程で15分から20分ほど。以下は行程内容です。※2020年9月現在コロナウィルスの影響でロウリュは中止となってます。代わりに10時から夜8時までドライサウナとして無料解放されてます。

  1. 予約時間の10分前から受付していてロウリュ専用のラウンジに入れます。ラウンジにはお水があるので、まずは水分補給。
  2. 開始時間になると係員からの簡単な説明があり、約5分ほどのビデオを観ます。
  3. ロウリュルームへ。
  4. 室内の温度に慣れるためしばらく待機
  5. ロウリュタイムは約10分。3回に分けてアロマ水とタオルで空気をまわすパフォーマンスがあります。温度は約100度。熱いです。
  6. 終了したら、ミネラルウォーターを1本もらって、先ほどのロウリュラウンジで水分補給をして解散です。
  7. 着替えがいる場合は、ロウリュを予約したインフォメーションで館内着をもらいます。

ロウリュの無料サービスデイ

曜日が合えば無料サービスデイに利用するのがお得です。(2019年10月時点の情報)無料で、ロウリュ・ミネラルウォーター・館内着のサービスが受けられます。(2020年3月末まで)

  • TDポイント会員:火曜日
  • 女性:水曜日
  • 男性:木曜日

温泉大浴場

肝心の温泉ですが、「とってもおすすめ」です。熱海にはインフィニティ温泉がいくつかありますが、その中でも一番おすすめの温泉。(新しいというのもありますが)

  • 絶景を楽しみながらの入浴
  • サウナからも眺めが楽しめる
  • 源泉かけ流しの温泉からも景色を堪能
  • 夜は熱海の夜景がきれいに見える

夜は熱海の夜景がきれいに見えますが、晴れていると星が見えます。
浴室のカランは約30個ほど。シャワールームが2つ。サウナはドライサウナで一人用のマットがあります。大浴場内に飲料用の水(常温)があります。


一日のんびりできる休憩処

とても広い休憩室で、3階から4階にわたって様々なタイプのスペースがあります。下の写真は3階の休憩スペース。3階には休憩スペースの他に、岩盤浴やエステ、カフェ、ロウリュなどがあります。
Fuua3階の休憩スペース
3階は外に出ることもできます。特に花火大会の時は人気のウミカゼテラス。
Fuua3階のテラスの様子
また、休憩だけでなくゲームコーナーもあります。
Fuua3階のゲームコーナー
下の写真は4階部分。4階は休憩スペースのみで、仮眠のできる静かな部屋もあります。
Fuua4階の休憩スペースの様子


ランチや食事について・Fuuaのレストラン

館内は飲食物の持ち込み厳禁です。食事のできるレストランは、2階の「HARBOR’S W」のみ。
「HARBOR’S W」は11:00から24:30(最終入場22時)まで営業していて、Fuuaを利用の場合は終始アラカルトの注文が可能です。Fuuaを利用していない場合、ブッフェタイムはアラカルトの注文ができません。また、Fuuaから「HARBOR’S W」を利用する際には、館内着を着用する必要があります。
HARBOR’S Wの記事はこちら

Fuua Café(フーアカフェ)

Fuua内には「フーアカフェ」がありますが、飲み物がメインになります。食べ物には、かまぼこのようなものと、ピザロール、アップルロールというものが販売されてました。熱海で人気のスイーツ「熱海プリン」の販売もあります。販売内容は時期によって変えているようです。下の写真はフーアカフェの様子。
Fuua内にある「フーアカフェ」の様子


割引クーポンなど:最安1600円

※2020年4月からは最安1750円です。
フーアの入場料は2500円です。入湯税と消費税で合計2900円ほど。割引クーポンは熱海駅ビル1階にある旅行協会や、会社の福利厚生などで入手でき、次の3種ほどあります

  • 熱海駅ビル1階の旅行協会:割引額は300円ほど。
  • 宿泊特典:熱海後楽園ホテルに宿泊するとチェックイン・アウト日のFuua利用料が1500円(税抜き)、午後5時以降1000円(税抜き)になります。
  • 福利厚生:最も割引率の高いのが、「得10」というチケット。後楽園グループの各サービスを利用できるもので、1冊3100円で10ポイント綴りのチケットです。一般の販売はありません。Fuuaは入場に8ポイント。Fuuaのロウリュが1ポイント。土日など特定日が1ポイントで利用できます。通常Fuua入場、ロウリュ、特定日で3714円なので、614円お得になります。
    もし、会社の福利厚生で得10の取り扱いがあれば、格安価格で購入できます。期間限定などで、とある福利厚生では一冊2000円で販売してます(平日は実質1600円で入場できます)※2020年4月から値上がりして1冊2200円(入館料が実質1760円)です。

是非確認を。

休憩場所が広くておしゃれ。周りを気にせず好きな場所でゆったりできました。晴れた日は絶景で、雨でも夜は熱海の夜景がきれいです。行った日は平日で、夜9時の送迎バスを利用しました。ほぼ満席で男女同じくらいの人数。一人で来ている人も2~3割ほどいました。手軽に利用できて絶景が楽しめる、お勧めの日帰り温泉です。
見つけたらラッキー不定期配布の宿泊クーポンはこちら: 熱海後楽園ホテル 宿泊クーポン

熱海観光 関連記事

熱海観光 関連記事【グルメ】

熱海周辺の宿泊記

今大注目の商品