• 霧多布観光 ワタスゲの咲く時期にMGロードへ

    ワタスゲの花期は5-6月で、開花の終わった6月-7月頃に白い綿のような花をつける植物です。タンポポのワタボウシのような花です。 ちょうど6月が開花の終わった時期で、ワタスゲが霧多布の湿原に群生してました。見頃になるのは、例年だと7月中旬ということです。 MGロードはMarshy Grassland road(湿原の道)の略で、霧多布湿原を横断する約2キロの道です。MGロードは道道808号線上にあって、途中に「霧多布湿原センター」があります。 2車線の道路で、歩道もあります。車を停めてワタスゲの写真を撮ることができました。 下の写真はMGロードの様子です。

    霧多布湿原 ワタスゲ

    左右に湿原が広がり季節折々の自然を感じることができます。

    霧多布湿原 ワタスゲ

    パッと見る限りここからは動物の姿は見えません。

    霧多布湿原 ワタスゲ

    この左右に広がる湿原は霧多布泥炭形成植物群落の天然記念物としてされていて、立ち入り禁止になっています。

    霧多布湿原 ワタスゲ

    ワタスゲが満開という事前情報を期待して行ったのですが、前日の快晴とは裏腹に濃霧で辺りは真っ白。幻想的な風景が広がっていました。

    霧多布湿原 ワタスゲ

    道中には駐車スペースはありませんが、交通量が少ないので気に入った場所で車を停めて写真を撮っている人の姿が見られました。 駐車スペースは霧多布湿原センターの少し手前にあります。

    霧多布湿原 ワタスゲ

    霧多布湿原センターは小高い丘の上にあり、MGロードかららせん状の道を上って行ったところにありますが、MGロード沿いにも駐車場があります。 やちぼうず木道に行くにはこちらの駐車場に車を停めるのが便利です。

    霧多布観光の関連記事