• 「きのこ王国 大滝本店」新千歳空港からニセコ間の休憩に

    車で新千歳空港からニセコへ行く途中に立ち寄ったのが「きのこ王国」の本店です。この先30キロは休憩場所がないため、ここで休憩することにしました。国道276号沿いにあって分かりやすい場所にあります。新千歳空港周辺から約60キロほど。建物内の様子などを写真とともに紹介します。
    下の写真は駐車場に出店している直売所。地元産の農作物を扱ってます。

    直売所の隣にあるのが「おみやげ館」。北海道のお土産の販売があります。(下の写真)提灯のかかったところがレストランだと思います。

    「おみやげ館」の隣にあるのが「本館」。ファストフードや軽食を販売してます。キノコ料理以外にも地元で作られたパンや、おにぎりなどの扱いがあります。
    「きのこ王国」の名物は、「きのこ汁」100円(税抜き)。年間約60万杯売れていて、日本で一番売れているみそ汁とのことです。みそ汁の具には季節に応じたきのこが3種類以上入ってます。下の写真は2016年に食べた時の「きのこ汁」です。

    名物の「きのこ汁」は具は少ないですが、きのこのコクがあってスープが美味しいです。具がたくさん入っているのが「プレミアムきのこ汁」270円です。
    きのこ汁の他に、「きのこ王国」がすすめるフードメニューは「プレミアムきのこ汁」「きのこフランク」「きのこ天ぷら」です。天ぷらは揚げたてが頂けます。
    下の写真は店先のショーウィンドウ。

    きのこレストランのメニューが陳列されてます。メニューの一部ですが:

    • きのこカレー780円
    • ザルそば680円
    • きのこそば780円
    • 天ざるそば980円(幌加内そば粉100%使用二・八手打ち生蕎麦)
    • きのこ天丼780円
    • きのこみそラーメン880円

    などなど。
    下の写真は2016年に立ち寄ったときの「本館」の店内の様子。朝10時をまわったところで、人手はまばらでした。

    ところで、きのこ王国の隣にあった道の駅「フォーレスト276大滝」は、2017年10月から改修工事の予定で、2018年3月31日まで臨時休業でした。再開を期待してましたが、老朽化による建て替えの検討が必要とのことで、2021年3月31日まで全館休館中です。
    以前、道の駅「フォーレスト276大滝」の中にベーカリーが出店してました。それと同じかどうか不確かですが、きのこ王国の本館内に、ベーカリーがあって、美味しそうなパンの販売もありました。

    道産パン工房「夢力」の山食パン1.5斤で500円。先月は、1288本販売されたとか。しっとりふわふわのパンです。
    持ち帰ってからでも食べれる「磯辺もち」300円などの販売もありました。(下の写真)

    「本館」の隣にあるのが「トイレ館」。「トイレ館」のみ24時間オープンしてます。トイレは広くて清潔。「トイレ館」には飲み物の自販機と、ホロホロの恵(湧水)の水汲み場があります。

    臨時の水汲み場です。通常は外の農産物直売の先にあります。苫小牧臨床センターによるホロホロの恵の成分は以下の通り:

    • ph7.4
    • 硬度1.4
    • Ca4.3
    • Mg0.8
    • Ma3.6
    • 一般細菌0
  • 【PR】
    最大1万円割引クーポン配布中
    JTBで国内宿泊で使える割引クーポン配布中です。
    【PR】
    じゃらん冬セール・クーポンフェス開催中!
    最大20,000円分クーポン配布中